風邪と抗生物質について 私のポリシー

  • HOME
  • ブログ
  • 風邪と抗生物質について 私のポリシー
風邪がはやっていますね。おとなも子供も鼻水・咳・のど痛で受診される方が多いです。

私の外来には子供さんが受診されることが多いので、病状や検査結果(めったにしないのですが、ここ数日咽頭迅速検査をする人が出てきています)を親御さんに説明するわけですが、そのなかで「先生は抗生物質は余り出さない方ですか?」と聞かれることがありました。今回は私のポリシーを説明しておこうと思います。

子供の風邪は9割方ウィルスの感染でおきます。ウィルスには抗生物質は効きません。例外的にインフルエンザ・ウィルスにはタミフルなどの抗ウィルス薬(ウィルスが体の中で増殖するのを抑える薬)がありますが、発熱期間が2日間程度短くなるだけで、インフルエンザの治り=ウィルスに対する免疫ができて体からいなくなる状態になることが早くなるわけではありません。

抗生物質が効くのはバクテリア(細菌)が原因の場合で、たとえばα溶血性連鎖球菌による急性咽頭炎や副鼻腔炎、細菌性中耳炎などです。

というわけで、風邪らしい症状が現れて間もない時期には確率的にバクテリア感染であることは少ないので、基本初回受診時には抗生物質を出すことはありません。もちろん、診察所見からバクテリア感染が疑われれば抗生物質を処方することをためらうことはありません。

抗生物質に限らず、薬には副作用というものがありますので、常に薬で得られる利益(この場合だと抗生物質によって症状が良くなる確率)と不利益(副作用で困ったことになる確率)とを天秤にかける必要があります。

抗生物質に服用する事で懸念される副作用は、その抗生物質に対して耐性を持った菌が地域に流行する可能性があることです。不要な抗生物質を処方された本人はその場で困ることはないかも知れませんが、長い目で見ると本来効いていいはずのお薬が効かないバクテリアが増えてそれに感染したら・・・実際、以前は院内感染の代表的細菌であったMRSAが外来の感染症の原因菌として認識され出しています。たとえば、小児のありふれた皮膚疾患であるトビヒの原因菌としてMRSAが一定の割合で検出されるようになってきています。

また、当然ながら、抗生物質は服用している間に体の中に細菌がいなければ効きません。敵がいない戦場に爆弾を落としても敵には何のダメージもありませんし、ただいたずらに戦場にいる一般市民を怪我させるだけです。
抗生物質を飲むにしてもタイミングがあるのです。

初診時には、「このまま症状が良くなったらいいのですが、いったん良くなった症状がまた悪くなったり、別の症状が出てきたりしたら、細菌感染がかぶってきたのかもしれませんから再診してくださいね」とお話しています。

再診時には再度身体所見を確認して、必要なら検査を行なって再評価を行います。時間の経過とともに、初診時には出ていなかった、あるいは軽微で気付かなかった所見がでてようやく診断がつくこともありますので、経過を見るというのは大事なことです。

とはいえ、お母さんたちの不安やお手間はよく理解できますので、お一人お一人にあわせてなるべく柔軟に対応したいと考えています。外来ではご心配事を話しやすい雰囲気を作りたいと思っていますので、ご遠慮なく教えてください。

お母さんたちの鋭い観察に私が助けられる経験もしばしばしています。協力してよりよいケアが提供できればと思っていますのでよろしくお願いいたします。