紺谷内科婦人科クリニック




紺谷内科婦人科クリニック 電話番号 076-268-3035

 

トップページ»  院長のブログ»  医院情報

医院情報

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

当院への苦情をいただきました

先月、当院の外来診療についてご意見をいただきました。

外来での医師の対応に問題があるとのご指摘でした。不快に思わせてしまったことをおわびいたします。

このようにご指摘いただけるのは全体の一部の方だけかと思います。これ以外にも同様に思われている患者さんたちがおられるのだと気を引き締めて今後の診療に当たらねばと思います。

ご指摘ありがとうございました。そして重ねて申し訳ありませんでした。

2015-11-23 11:13:52

コメント(0)

6/23のお昼、MROラジオに出演します。

MROラジオの「げつきんワイド!おいね★どいね」火曜日お昼に、石川県医師会などの県内医療団体が提供している「ラジオ健康百科」という番組があります。

http://www.mro.co.jp/radio/programs/oinedoine/
 

私は、地元の医療介護福祉職が作る多職種ネットワーク「りくつなケアネット金澤」に所属して活動しておりまして、

http://ekinishizaitaku.web.fc2.com

ここの会長からの依頼により、このネットワークについて番組でお話することになりました。

収録は先日無事終わっております。フ〜 A^ω^;) 予告編ということで話の内容をダイジェスト。

この会は、高齢社会が進むにつれて今後多くの人が直面せざるを得なくなるご自宅や入居施設など生活の場での療養生活(在宅療養をサポートするしくみを一般の方々に広く紹介し、さらに実際に困った時に相談できるしくみを作っていこう、という専門職の集まりです。

番組では、このような集まりが作られた背景と活動の実際、そして今後の方向性についてお話させていただきました。

興味・関心のある方は、6月23日 午後1時30分頃にMROラジオ(1107kHz)あるいはインターネットラジオhttp://radiko.jp でお聴きいただければ!私の滑舌の悪さと甘噛み具合とあわせてお楽しみくださいwww

 

2015-06-19 21:26:18

コメント(0)

今年も花が咲きました〜

超久し振りのブログ書き込みです。

当院の花好きスタッフが丹精込めた成果@初夏バージョンです。



これは牡丹らしいです。素人の私にも鮮やかな紫が美しいです〜(例によって横向きを修正できずすいません)

 

こちらは、秋にブログに出した軽井沢出身のエンジェル・トランペットです。本来なら秋に咲くもののようなのですが、天気の良さと入り口の風除室が良い具合に温室効果を起こしたのか、早くも咲いてしまいました。

 

新幹線開通に涌く金沢ですが、ここ1−2週間ようやく天気が良くなってきて住んでるものとしてはやっと春が来た感じでそっちの方が嬉しいですね。生き物たちも元気になってるのが実感されて、こちらも元気になるようです。

2015-05-02 21:51:35

コメント(0)   |  トラックバック (0)

またサボテンが咲きました&ニューフェイスも

久しぶりに医院ネタです。

昨年の6月、開院以来の乱れ咲きになったサボテンたちですが、

http://www.kontaniclinic.jp/app/Blogarticleview/index/ArticleId/37

今年もやってくれました。報告が遅くなりすいません。



2番目の写真、左から2つ目の鉢の2本なんか、両手を広げて「いらっしゃいませ〜」と言ってくれてるようでなごみます。

一番咲いてたのはこれですね〜


きれいな花が咲きますね。でもこのあと数日で花がしおれてしまい、さみしい気もします。

で、今はこの花が当院スタッフの一押しだそうです。
2年前にあるスタッフが軽井沢でもらってきた苗木(最初は10cmくらいだったそうで)を接ぎ木しながら今年ついに沢山花を咲かせました。
名前は・・・忘れてしまいました。すいません。

しかも写真横向きですいません。当院のイメージカラーであるグリーン系で秋らしく落ち着いた雰囲気がします。

今後も時々報告したいと思います。

2014-09-04 12:04:09

コメント(0)

11月16日の研修会:小児科診療を勉強してきました。

ついに師走ですね〜年末の準備をそろそろ始めないとですね。

さて、11月16日、外来を早めに締めさせていただいて行って参りました。日本プライマリ・ケア連合学会の秋季セミナー。

http://www.primary-care.or.jp/seminar_c/20131116/pro.html

今回は、小児科強化シリーズということで、
初日は「講演Ⅵ.地域医療の第一線で小児科医療を提供する医師の学びの実際と生涯教育のあり方を考える」、
http://www.primary-care.or.jp/seminar_c/20131116/pro.html#06

2日目は「こどもの病歴と身体所見を学ぶワークショップ」
http://www.primary-care.or.jp/seminar_c/20131116/pro.html#ws6

に参加してきました。

ワークショップは期待通り実際に使える診療技術をたくさん学ぶ事ができました。さっそく翌日の診療から役に立っています。
参加者が普段の自分の診療スタイルを見せ合うのはとても勉強になりました。普段他の医師の診療風景を見る事ってなかなかないのです。



さて、初日の講演で一般市民の立場から発表された『知ろう!小児医療 守ろう!子ども達』の会代表 阿真京子さんと懇親会でお話しする機会がありました。
私が講演をうかがって感じたのは、「一市民の阿真さんが、病院の外来の様子をみただけでなぜこれだけのバイタリティでもって活動が出来るのか?」ということでした。さらにプラスアルファの経験があるのだろうと想像していたのです。

その疑問をぶつけてみたところ、『救急外来に自分の子どもを連日受診させた時に、毎晩同じ医師がこれだけたくさんの数の患者たちを夜遅くまで診察しているという事実が本当に衝撃的だったんです。』という答えが返ってきました。

東京の医療崩壊、特に救急医療の崩壊ぶりはかなり深刻ですので、阿真さんたちと金沢の人たちとでは感覚が違うのかも知れませんが、このお返事を聞いて、私は自分の感覚が一般の人たちとずれてるのだということに気づかされました。
「仕方ないよなあ、医者足りないんだから」と現状について諦めのような感覚(Martin Seligmanの「学習性無力感」に近いのかも知れません)を抱いていたのだと。

そして阿真さんたちが行政にも働きかけて多くの成果を上げている事も知り、自分もまだ出来ることがあるのだ、「学習性無力感」から脱することができるんだと勇気をもらいました。

で、『知ろう!小児医療 守ろう!子ども達』の会です。以下のHPは日頃お子さんの健康管理に悩むお父さんお母さんにとても役に立つと思います。緊急の時にどう対応したらいいのか、どこに連絡したらいいのかなどの情報が満載です。

http://shirouiryo.com/index.html

メルマガも発行しているとの事ですので、ご関心のある方はどうぞ。私も登録して見ようと思います。

 

2013-12-01 02:05:22

コメント(0)   |  トラックバック (0)

子どもたち〜 折り紙が待ってますよ〜

大雨と雷のせいで外来がムチャ暇ですので、引き続き。

さっきの作品はある看護師さんの作品ですが、今スタッフの間でブームなのが、折り紙でキャラクター作りすること。

キャラ折り紙

こういう折り紙の仕方が書いてあるサイトがあるそうですね。
事務の方がそこから折り方を見つけてきて、
看護師さんたちがせっせと折って、
事務さんが絵を書いてます。

子どもたちのみならず親御さんにも受けがよさそうな・・・・?!

これ以外にも、蝶々やネコの折り紙がもらえますよ!

2013-11-20 15:00:55

コメント(0)   |  トラックバック (0)

当院、クリスマスっぽくなってます

当院の看護師さんに、縫い物が得意な方がおられまして。

先々週からこんな飾りを作って持ってきてくれてます。

まずは入口でサンタさんを待ちかまえ・・・
サンタさんの靴下

入口靴入れの上ではサンタさんスタンバイ。
サンタと仲間たち

内科診察にはツリーが。横向いててすいません。
クリスマスツリー

熊さんもおります。
サンタベア

ここにもサンタさんが!空中に浮いて待ってます。


このタペストリーっていうんですか?これは傑作ではないかと。
「2007」とか書いてあるように見えますが気のせいです、きっと。あまりつっこまないでください(^▽^;)  


どうでしょうか?!なかなか素ん晴らしいと思うんですが。

というわけで、当院は商店街並みに早くもクリスマスムードです。
お子さん始め、ご来訪のみなさまがリラックスしていただければ嬉しいです。

2013-11-20 14:54:03

コメント(0)   |  トラックバック (0)

本日より開業2年目に突入です!

おかげさまで、本日10月1日より開業2年目に入りました。

昨年10月1日に継承開業し、院名を「紺谷産婦人科医院」から「紺谷内科婦人科クリニック」に改めて、地道にやってまいりました。

開業当初はなかなか患者さんに来ていただけず、正直焦ってイライラしたこともありました。

私が学んだ家庭医療を実践したいという希望を持って日々診療に勤めてきましたが、当初は肩に力が入り過ぎていたのかもしれません。

HPのトップページにはこんなメッセージを書きました。



>質の高いプライマリ・ケア/家庭医療を目指します。

>私たちは、みなさまの健康問題を特定の専門領域にとどまらず広く対応し、その多くを解決して
>必要であれば適切なタイミングで専門科に紹介できるよう努めます。

>内科・婦人科に限らずどのようなお悩みにも相談に乗りますので、お気軽にご来院ください。

振り返ると、こんなことを思い、医院を継いだのでした。

そして、最近ようやく環境に慣れてきて、目の前の患者さんに集中し私のカラーを出せるようになってきたような気がします。


が。地域のみなさんに信頼していただくためにはまだまだやらなければならないこと・できるようにならないといけないことがたくさんです。足下をしっかり固めて「あなたの専門医」と呼んでいただけるよう引き続き頑張りたいと思います。


地元のみなさま、診療を支えてくださる同業多職種のみなさま、医師会のみなさまなど、今後もご支援よろしくお願いいたします。
そして、医院の運営を支えてくれるスタッフの皆さん、両親・家族のみんな、これからもよろしくお願いします!

2013-10-01 22:30:48

コメント(0)   |  トラックバック (0)

ホームページを少し修正しました

久し振りの書き込みですいません。

若干夏バテ気味でしたが、おかげさまで涼しくなって回復傾向です。

さて、その勢いでホームページを少し修正してみました。

ぱっと見ほとんど分からないとは思いますが。

1.ページのタイトルをいくつか変えました。:

「診療案内」を「私たちがめざすこと」「私たちにできること」の2ページに分けました。

前者には私院長がイメージし目標とする「プライマリ・ケア/家庭医療」の考え方を書いた文章と、私と理事長の医師としての背景を記してあります。
後者には、具体的に当院でできる診療の内容を書きました。
以前はこれらが1ページにまとめられていたので若干冗長な印象だったと思いますが今回はどうでしょうか?

また、「交通案内」も「地図・道案内」に変えてみました。内容は同じですが・・・

2.「医院案内」をシンプルにしました:

最初にACCCCの説明を入れていましたが、これを「私たちがめざすこと」に移動して、このページは病院の外装内装の説明のみとしました。

今後は、最近始めた訪問診療や来月から開始予定の会社定期健診について少し詳しく記載を入れたいと思っています。もうしばらくお待ちください。

何かご意見ございましたらお寄せいただけると幸いです。ブログコメントや「お問い合わせフォーム」からよろしくお願いいたします。

2013-09-18 22:31:32

コメント(0)   |  トラックバック (0)

GoogleとQlifeで検索できるようになりました。

今月ももう終わりですが、実は4月で新装開院後ちょうど半年が経過しました。
おかげさまで通っていただける患者さんが少しづつ増えてきて、地域の方々に少しは認知されてるのかな?という感じになってきました。

が、まだまだできることがあるはずだ!ということで、いろいろと動いております。

受付事務のスタッフさんによれば、未だに「ここって内科も見てもらえるんですね」とか「小児科もやってるんですか〜」とか、はては「ここって男が診てもらえるの?」と言われる方が結構おられると。産婦人科医院のイメージが強いのですね〜
まあ、父が開業して37年間やってきたわけですから、そりゃそうですよね。

開院当時からホームページを立ち上げたりはしたのですが、これではどうも不十分かなということで、私も診療ペースに慣れて余裕が出来ましたので、最近ようやくGoogle Mapに出てくる院名を「紺谷産婦人科医院」から「紺谷内科婦人科クリニック」に修正しました。
これで場所が検索してもらえそう。

また、これまで何となく避けてきた医院検索サイトへの登録も必要が出てきたので1ヶ所行いました。Qlifeという比較的大きなサイトです。
http://www.qlife.jp/hospital_detail_581519

あとは、NTTのiタウンページにも掲載しました。ネットはこんな感じですね〜

これ以外にも、地元の人たちに分かりやすいように入り口の風除室ガラスに標榜科を書いたポスターを貼りました。
これで近くの人にアピールできると良いんですけどね。

もちろん、宣伝だけではダメで、診療の質が大事と心得ています。日々変わっていく医療を学ぶことに終わりはありません。精進していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

2013-05-31 21:47:28

コメント(2)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2