紺谷内科婦人科クリニック




紺谷内科婦人科クリニック 電話番号 076-268-3035

 

トップページ»  院長のブログ»  日々の出来事

日々の出来事

医療情報 医院情報 日々の出来事
  • 件 (全件)
  • 1

第1回インクルーシブな社会を考えるシンポジウム(金沢)のご紹介

私が嘱託医を勤めております金沢市障害時通園施設の「ひまわり教室」が表記のシンポジウムを開催します。

障害のある子とない子が同じ場所で学ぶこと=一人一人違う多様性のなかにおかれることで得られる豊かさがあります。
本シンポジウムでは、このようなインクルーシブな社会を模索する専門家と現場のスタッフたち、そして当事者のご家族がシンポジストとして登壇し、語り合います。
ご関心のある方はぜひご参加下さい。


第一回インクルーシブな社会を考えるシンポジウム(金沢) 共に育ち、共に学ぶ。

【日時】
2013年10月20日(日) 13:00~16:00

【会場】
会場:金沢市立玉川こども図書館 交流ホール
(周辺に駐車場が少ないです。公共交通機関のご利用をお願いいたします)

【その他】
入場無料(ただし、資料代として200円を申し受けます)
託児あり(要予約です。下記連絡先までお問い合わせください。

問い合わせ先:北方美穂(あそびをせんとや生まれけむ研究会)
miho.kitagawaあっとtrad.ocn.ne.jp
(あっとを@に置き換えてください)

シンポジウムの趣旨・詳細は下記HPをご参照ください。チラシとポスターが掲載されています。
あそびをせんとや生まれけむ研究会HP(本シンポ共催です)
http://asobiosentoya.blog.fc2.com

 

2013-10-06 22:20:18

コメント(0)   |  トラックバック (0)

緩和ケア研修会に参加してきました

先週末の連休、金沢医療センター主催の「石川県がん医療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」に参加してきました。
この研修会は、国が2007年に制定した「がん対策推進基本計画」に基づいて、「がん診療に携わる全ての医療従事者が基本的な緩和ケアを理解し、知識と技術を習得する」ことを目的に全国で開催されているものです。

緩和ケアは、主にがんにかかられた患者さんが経験される身体的痛みや精神的苦悩などの苦痛を和らげる治療法・手当のことをいいます。

http://www.kanazawa-hosp.jp/pv/cancer_care.htm

このページにも記載がある通り、最近は病気の発見当初から苦痛を限りなくゼロにするために積極的に行われるもので、「緩和ケアということは、もう末期なんだ・・・」と考える事はありません。

http://www.kanazawa-hosp.jp/pv/cancer_care.htm#7

私はがん治療の専門家ではありませんが、高齢の方々とおつきあいしていくプライマリ・ケア医の立場から、緩和ケアは避けて通れない技能であると考えてこの会に参加しました。
実は、この会ヘの参加は2回目になります。前回は私が滋賀県湖北地域で働いていた時で、3年前になりますが、良い復習になりました。


そして、若干宣伝じみますが、当院は今月から金沢西病院さまと連携して「在宅患者訪問診療」を行う態勢を整えています。
「在宅患者訪問診療」あるいは簡単に「訪問診療」とは、計画的な医学管理の下で定期的に(通常月2回以上、週3回まで)ご自宅に出向いて診察を行うことです。
(「往診」は、普段通院されている患者さんからの求めに応じてご自宅に出向いて診療する事です。)

今後、訪問診療を充実していく上で、緩和ケアの知識は必須です。今後も研鑽を積んでいきたいと思っています。


なお、当院のある駅西地区では、医療(医師、看護師、薬剤師)・保健(保健師、ソーシャルワーカー、行政職の方々、医療事務)・介護職・その他医療と関わりのある方々が職種の壁を越えて、この地域に住む在宅療養が必要になった方々とそのご家族が心地よい在宅生活を送っていただけるために、お互いの事をもっと知り、共に学び合い、協力し合って、住民のみなさまにも在宅生活に関する情報を知っていただくための活動・しくみ作りを行なっています。「りくつなケアネット金澤」といいます。

http://ekinishizaitaku.web.fc2.com/index.html

まだ発展途上のグループですが、ご興味のある方、お困りの方はお声をおかけください。

2013-07-18 21:02:24

コメント(0)   |  トラックバック (0)

サボテンの花が咲きました!

たまにはまったりした書き込みもするのです。

理事長と理事長が開業した当初から一緒に働いてくれている看護師さんが無類の花好きでして。

病院前にはこんな風に鉢が並んで今はこんな感じなのです。



診療の合間に2人して水を遣りに行ったりしてるわけです。

で、数日前にその看護師さんが私に声をかけてきてくれまして。「先生、すごいのが咲いたんです〜♡」

入り口の風除室の内側においてあった鉢が大変なことになってるらしく見に行くと!「おおおお〜!こりゃすごいですね〜!!」


どおですか、このサボテンの花の乱れ咲き状態!素人の私もびっくりです。
上から見下ろす感じだと若干不気味に見えない事もありませんが・・・



下から見上げるようにすると結構かわいいですね。
なんでもこれだけまとめて咲くのは開業した30ウン年前以来という事です。今回も私が来て新規開院の初年ですし何やら因縁めいた感じもします。サボテンくんサボテンさんたち、2回目の開業ということでお祝いしてくれているのでしょうか。丹精込めて世話をし続けていただいた歴代のスタッフの方々の賜物でもあるんですよね。感動しました。

この花、翌日には枯れてしまうという事で、大変貴重なショットのようです。来年はどうなるんでしょうか。楽しみにしたいと思います。

2013-06-29 21:59:49

コメント(0)   |  トラックバック (0)

ブログへのコメントにお返事せず申し訳ありませんでした

昨夜久し振りにHPの整備をしておりましたら、半年前の書き込みにコメントをいただいていたことに気付かず放置してしまっていたことに気付きました。

コメントをいただいた方、大変失礼いたしました。

ブログ始めた時に、セキュリティの不安があってコメントの掲載を許可制にしていたのですが、コメントが届いたことがアラートされないことに気付かず。。。管理画面を見にいかないと気付かない状況になっていました。

今後はいただいたコメントは直接反映されるような設定にしましたのでよろしくお願いいたします。それでも私からのレスが遅れることがあるかも知れませんのでその際はご容赦を〜 m(_ _)m

2013-06-05 08:36:21

コメント(0)   |  トラックバック (0)

嬉しい贈り物<(* ̄∇ ̄*)

先日、予防接種に来てくれた女の子からお手紙をいただきました。

とっても嬉しかったので、親御さんに許可をいただいてアップさせていただきます。


まず表書きはこんな感じです。うまいこと封筒に折ってあって。ワン・ピースが好きなのね。


もう開ける前からドキドキです(* ̄∇ ̄*)
 

中身はこう!(横になっちゃってすいません)



いや〜、でっかい「ありがとう」が嬉しいです。涙出そうです。弟さんへの気づかいがまたいいですね。


もう一通、看護師さんにもいただきましたよ。ちなみにこちらの表書きにはロビン(あれ?ハンコックかな?)のスタンプが。

こちらはイラスト付きです。褒めてくれたのが嬉しかったんですね〜よかったよかった。

どうも看護師さんの方が印象強かったようです。


医者や看護師さん、そして事務員さんなど医療にかかわる仕事をやっている人たちが一番報われるのは、こういう「感謝の気持ち」を伝えていただけた時なのだと思います。

今回、この小さなお客さん(患者さんというのも変だしこの表現で・・・)からの素直な素敵なメッセージをいただいて、

『今度は僕の方から患者さんたちに、そして医院を支えてくれるスタッフの人たちに感謝の気持ちをもっと伝えていこう』
という気持ちを改めて強く持つ事ができました。

◎◎ちゃん、お手紙ありがとう!

2013-04-19 20:16:28

コメント(0)   |  トラックバック (0)

メディアの情報にご用心

こちらでは今年最初の積雪がありました。みなさま体調はいかがですか?転倒に気をつけてくださいね。

さて、今日facebookをながめていたら、以下の情報が流れてきました。
日本肝胆膵外科学会の宮崎勝理事長が取材協力している、と謳って、「手術数でわかるいい病院2013全国」というmookに週刊朝日(朝日新聞出版)が高額の掲載料で「広告掲載」を持ちかけている、とのことです。

http://www.jshbps.jp/assets/files/files/asahi.pdf

これを見て感じたことが2点あります。

1.例のムックはこのシリーズのようです。

http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=13536

結構人気のシリーズのようですが、実はその情報の一部は医療機関がお金で買った「広告」であるというわけです。
私たちは本やテレビなどのメディアで取り上げられるものをそのまま鵜呑みにしてしまいがちですが、その情報が流される理由を意識しないといけないな、と改めて感じました。

2.朝日新聞出版が無断である権威の名前を騙って「商売」をしたこと。
これは犯罪行為ではないのか?と思うのですが・・・

この事も含めて、メディアは決して中立な情報を流すとは限らないということを思い知りました。
メディアも営利企業であり、お金を儲けることが活動の重要な目標であること、人々の関心が高い健康・医療は彼らの格好のマーケットであることも。

私たち医師はこういった報道や偏見にさらされることが多いのですが、こういったメディアの特徴を理解して気をつけていきたいと思いますし、みなさまにも注意していただければと思います。

ちなみに、医師の立場からすると、「なんとかガッテン」とか「あさイ○」とかは非常に怪しいです・・・なくなりましたがみ○もんたの昼の番組とか。

2012-12-19 14:07:35

コメント(2)   |  トラックバック (0)

城北病院の勉強会に参加しました

昨日、城北病院のCPCに参加してきました。clinico-pathological conferenceの頭文字を取ったものです。

亡くなられた患者さんのご家族に同意を頂いてご遺体の病理解剖をさせていただいて得られた所見とご生前の臨床経過や診断とを突き合わせて、生前の診断治療が妥当であったかどうかを検討して今後の診療に活かす我々臨床医にとってとても大事な作業です。

私はこの1ヶ月診療以外のところでエネルギーを使っていたので、気分転換もしたい気持ちもあり。亡くなった患者さんへの敬意はもちろん持ちながらの議論なのですが、考えがスムーズに進んで楽というか、ある意味楽しいのですね。夜7時から約2時間のカンファレンスでしたが、スポーツした後のような心地よい疲労感に似た感覚がありました。

やはり、医者としてのものの考え方が身に染みついてるのだなと実感。早く患者さんとお話して「医師頭」で仕事がしたいです。
もちろん、「医師頭」だけではだめなのですけどね。「管理職頭」「事務頭」「人事担当頭」「地元のあんちゃん頭」・・・

2012-09-27 21:39:56

コメント(0)   |  トラックバック (0)

同級生に歓迎会を開いてもらいました

先日、高校の同級生が集まりまして。たぶん10数年ぶりに会いました。着いてみたら私の歓迎会という雰囲気になっていて、寄せ書きをもらったのですが、絵心のあるヤツがこんなことを。どうでしょうか?

この後の私はこんな感じに。私下戸なのですが、結構楽しく酔えました。同級生は良いもんですね。

 

 

2012-09-26 22:09:28

コメント(0)   |  トラックバック (0)

大学の同窓・医師会の先輩方に挨拶回りしてます

今月に入り、出身医局の教授を皮切りに挨拶回りを始めています。

http://www.m-kanazawa.jp/welcome/index.html

大学には長いこと訪れたことがなく、緊張して教授室に入りましたが、温かく迎えていただきました。
後日、循環器グループのチーフとも話が出来ました。かつて大学で共に苦労した後輩で、気さくに接してもらいリラックスできました。

その後、金沢市医師会で医師会長始め要職の方々に開業に当たっての注意点をご指導いただきました。

来週からは近隣でご開業の先生方に挨拶回りの予定。

医師一人では仕事は出来ません。こんな風に多くの先輩後輩に支えられて良い仕事ができるのだと肝に銘じていきたいと改めて思いましたし、既にそういう関係を持てている自分は恵まれているなと実感しています。

もちろん、医師のネットワークだけではダメですね。医療のみならず看護、福祉など行政、そして地元のみなさまとも顔の見える関係を作っていけるよう努力していきます。

2012-09-15 23:16:57

コメント(0)   |  トラックバック (0)

ブログ始めてみました!

 

真院長です。ブログを始めてみました。

レイアウトなどいろいろ設定を触っている最中なので、お見苦しいことが多いかと思いますが、お許しください。とりあえず、日々の出来事を書き込む「日々の出来事」、当院のイベントやお知らせを書き込む「医院情報」、院長が医療に関する情報や意見感想を書き込む「医療情報」という3つのカテゴリーに分けてみました。

ご意見などありましたら遠慮なくコメント下さい。お待ちしております。

追伸:前の投稿はテスト投稿に上書きしたんで日付が古くなってました。本日7日の日付で書き直します。う〜ん、慣れてないな・・・・

2012-08-07 20:06:58

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1